吉田歯科医院
〒640-8463 和歌山市楠見中47-15
東洋医学療法

東洋医学療法とは

東洋医学では、その人の体質や全身的なバランスを重視する考え方をします。当院では歯科治療に東洋医学的な考え方を積極的に取り入れ、 患者様に楽に痛くなく治療を受けていただけるようにしています。 東洋医学的治療は、自然治癒能力を高め副作用もほとんどありませんから体に優しい安心できる治療法です。




トップへ戻る

えづく(口蓋咽頭反射)のがきつい方には

東洋医学-1
歯科の治療で型をとるとき、激しくえづく方にとって、歯科治療はつらいものです。こういう時は2MC(金と銀)療法は大変有効です。 写真左は指圧法も併用しています。


トップへ戻る

顎関節症の治療

東洋医学-2
顎(あご)が開 かない、音がするというような顎の症状に有効


シンアツシン抜歯 乳歯の抜歯や重症の歯周病の抜歯は注射を使わない。

MK KM式シンアツシンは日本歯科東洋医学会初代会長の松平邦夫先生が考案された治療機器で、 全身の凝りや痛みの他、万病に効きますが、歯科では歯痛の鎮静、 抜歯や顎関節症に使います。
皮膚の表面を刺激するだけなので、全く無痛です。
重症の膿漏歯や交換期の乳歯はシンアツシンで抜歯が可能です。

MK2
        










  松平邦夫先生と 



 

トップへ戻る

症例>前歯がグラグラで噛めない

東洋医学-3
前歯がグラグラで噛めない、抜歯を希望で来院。でも歯は早く入れたい。
(何日も歯抜けでは困る)と のこと。

その日は仮歯の型をとり、終了。



東洋医学-5東洋医学-6








 






4日後無麻酔で、シンアツシンと指圧麻酔の併用で前歯4本を抜歯。
牽引感が少しあったが、ほとんど何も感じなかった」とのこと。




東洋医学-7 

作っておいた仮歯を装着。






全く痛みなし。

東洋医学-8

無麻酔のツボを刺激しただけの抜歯だと傷の治りの早いのがわかる。







Copyright (C) Yoshida Dental Clinic All Rights Reserved.